便秘のタイプ

便秘のタイプ

便秘は、2人に1人は悩んでいるといわれ、特に、女性は50%以上が悩んだことがあるといわれております。

肌は内臓の鏡といいますが、便秘が続くと肌荒れやニキビにとどまらず、口臭、ゲップ、痔などの原因となったり、さらには、大きな病気の引き金にもなりかねません。

便秘のタイプは、大きく分けて下記の4つに分類できます、

■一過性便秘

今まで便秘ではなかったのに、旅行に行った、進学や入社、あるいは、睡眠不足、暴食、ダイエットなど、普段の生活環境や生活のリズムが変わった時になりやすいのがこのタイプの便秘です。

症状としては、腹が張る程度でそれほど苦痛は伴いませんし、原因が取り除かれれば、自然に治ります。ただ、早めに対処しなければ慢性化するおそれもあります。

■器質性便秘(急性)

腸捻転や腸閉塞などの病気が原因でなる便秘のタイプで、激しい腹痛や嘔吐がある。便だけでなく、血や粘液が出るといった症状が伴います。至急、病院で医師の診断を受けましょう。

■機能性便秘

腸の機能が低下したために起きる便秘で、もっとも多く見られる便秘タイプです。腹部膨満感や倦怠感など、病気ではないが、体に不快感を覚えるのがこの便秘の特徴です。さらに、弛緩性便秘、直腸性便秘、痙攣性便秘の3つのタイプがあります。

■器質性便秘(慢性)

大腸ガンや大腸ポリープなどの病気になると、腸管が細くなり便の通りが妨げられて慢性便秘になります。また、女性の場合は子宮筋腫で病巣が大きくなったために、腸管を圧迫して便秘になるというケースもあります。

 

サイトマップ