動物性プラセンタの原料について

動物性プラセンタの原料について

プラセンタとは胎児を育てる哺乳類の胎盤のことですが、ヒト由来のプラセンタは医療用のみに使用されております。

「牛プラセンタ」は、狂牛病(BSE)の危険性から日本国内での製造・販売はありません。

しかし、羊プラセンタについては、海外からの輸入による販売があるようです。

このため、羊プラセンタを使用する場合は、BSEが発生していないオーストラリア、ニュージーランド産のものが安全性が高いので、これらを選ぶことをお勧めします。

日本国内で製造されているプラセンタ製品の多くは、「豚プラセンタ」が使用されていますが、特に、国産豚由来のSPFプラセンタの安全性は高いものがあります。

このSPFプラセンタとは、「日本SPF豚協会」が定めた、特定の微生物や寄生虫に由来する病原菌を持たないクリーンな豚から採取された国産プラセンタです。

また、「馬プラセンタ」の安全性も高いと言われております。その理由は、馬の体温は高いため、寄生虫が繁殖しにくく感染症に強いことから、飼育過程において、予防接種など薬剤の汚染を受けることが少ないことです。

こうしたことから、サプリメントや化粧品には豚プラセンタと馬プラセンタが用いられております。

これらには、五大栄養素をはじめ、胎児の驚異的な成長を支える成長因子なども豊富に含まれておりますが、栄養成分やバランスに特色があり、使用感や価格などが異なります。

 

サイトマップ